【栄養士が教える時差ごはんワンプレート6】かるデリ根菜カレー+冷たいトマトスープ+プリン

1plate-no6

「シフト勤務で決まった時間にご飯が食べられない」「残業で帰宅が遅くなりがち」「会食や飲み会で高カロリーなものをとりがち」……そんな時差ごはん女子のためにはじまった「かるデリ」と「かるデリ」にあう料理を組み合わせて作る「かるデリプレート」シリーズの6回目。

今回は、夏らしいプレートを管理栄養士の小泉明代さんに作っていただきました。トマトの冷たいガスパチョがカレーにぴったり合いそうですね。

CalDELI 野菜を感じる根菜カレー

こんにゃく由来のマンナンごはんでカロリーを抑えたCalDELIをメインに考えます。にんじん・じゃがいも・れんこん・ごぼうの4種の根菜とかぼちゃが入ったカレーで、食物繊維をたっぷり補給します!

トマトの冷たいガスパチョ

冷たいトマトスープは、煮込んだスープよりもビタミンCなどの熱に弱いビタミンを効率よく摂ることができます。冷たいスープは暑い季節にも食べやすく、水分も一緒に摂れておすすめです。

プリン

牛乳と卵を主な材料としているので実は良質なタンパク質やカルシウム等の栄養素が摂れる優れものです。生クリームたっぷりのプリンだと脂質が多く、カロリーも高くなってしまうので、牛乳と卵がメインのカスタードプリンがおすすめです。

時差ごはん女子のひとりごと

夏バテして食欲のない時でもこれなら食べられそうです。冷たいトマトスープなら、するするお腹に入っていきそう。そしてプリンも食べられるなんて……幸せ。デザートも食べられるのは、かるデリのカロリーが低いおかげですね。コンビニ行って、トマトスープとプリンを買って来よーっと♪

小泉 明代(こいずみ あきよ)

akiyok女子栄養大学卒業後、管理栄養士免許取得。医療機関、小学校での栄養指導や保健指導、食育、給食管理等を行った後、2014年度よりフリーに。現在は企業向けレシピ開発、飲食店のメニュー開発、食や栄養、健康に関するコラムや記事執筆等を行っている。

caldeli-banner

Tags: recommend