作りおき【アレンジカレー】はスピード勝負! 簡単すぎたのでtwoレシピいっちゃいます♡

働き盛りの忙しい女子のみなさん、今日も深夜までお仕事お疲れ様です♡ 疲れて帰った日の夕食は決まりましたか? 今回は前回ご紹介した【ゴロッと具だくさんカレー】をアレンジした、時短レシピを2種類お届けします!

5-udon

レシピ1:手抜き技満載!カレーうどん(目安5〜8分)

【材料】

基本の作りおきカレー 1人分

ゆでうどん 1食分

水 150ml

粉末出汁 小さじ1/4

ゆでたまご 1

刻みネギ(お好みで) 適量

 

★ここでちょっと時短アイデア★

&粉末出汁はコンビニの「おでん出汁」、ゆでたまごも「おでんのたまご」で代用可!

1.カレーを解凍している間に、うどんを茹でる

2-uderu

うどんを必要な時間だけゆでましょう。ゆでたまごを作る場合は、沸騰したお湯に、たまごを入れて6分間ゆでカラをむきます。

※空腹すぎてうどんをゆでる時間すら苦しい!というときは、レンジで温められる冷凍うどんを使ってもいいかもと筆者は思いました。

2.解凍したカレーに水と粉末出汁を加え、レンジで温める

とけたカレーに水と粉末出汁を加えてレンジで温め、カレーうどんのつゆを作ります。

コンビニおでんを使った時短アイデアご採用の方は、カレーにおでん出汁をそのまま加えるだけ!

3.盛り付けて完成!

3-soup

茹でたうどんをお皿に移し、そこへカレーうどんのつゆを注いでいきます。ゴロッと具だくさんカレーがベースなので、野菜たっぷりで美味しそう♡

4-tamagomoru

ゆでたまごと刻みネギをそえたら、できあがり!

最近は刻んであるネギが売ってるんですね・・・便利です!

5-udon

レシピ2:レンジだけで簡単!カレーパングラタン(目安3〜5分)

【材料】1人前

基本の作りおきカレー 1人分

食パン 1

とろけるチーズ 2

コショウ 適量

panzairyou

 

1.カレーを解凍している間に、食パンを切る

1-chigiru

まずは1人分の作りおきカレーを、電子レンジで解凍。その間に食パンを適当な大きさに切り、深めのお皿に並べます。

ズボラな筆者は、食パンを手でちぎる!(笑)

(無意識)

2.温めたカレーをパンの上にかけ、とろけるチーズをON

2-noseru

パンの上にカレーをざっくりかけたらとろけるチーズをのせ、トースターへ。チーズが溶けるまで2分ほど温め、最後にコショウをふったら完成!

い、一瞬で……できあがり♡

panguratan

時差ごはん女子(筆者)のひとりごと

今回の2つのアレンジレシピなら、本当に簡単なので、これなら仕事で疲れて帰った「時差夕食」の日もキッチンに立とうかしら……なんて思えます!(笑)

【カレーパングラタン】なんて一瞬でできるのに、そんな風に見えないクオリティーと味をお約束。【カレーうどん】はさらさら系なので重たくないし、ゴロッと野菜たっぷりなのがポイント高め♡

休日の時間がある時に、カレーを作りおきしておけば、いろいろ使えますね。

作りおきがないときは、コンビニなどでレトルトカレーを入手すればOK!

自炊のハードルがちょっと下がりました!

 

「時差ごはん」は、大塚食品CalDELIが提供しています。CalDELIのご購入はこちらから!

Tags: recommend