シーン別!忙しい朝でもこのワンピがあればコーディネートが決まる!

Elegant woman with shopping bags
何かと忙しい朝。日々のコーディネートになかなか時間をかけられない方も多いと思います。そんな時におすすめなのがワンピースです。
1枚でコーディネートが完成するので、寝坊した朝でもバッチリきまります。
また、どんなテイストのワンピースを選ぶかによって印象が全く違うのも魅力的。
ラクチンなのに「おしゃれですね!」とか「そのワンピどこの?かわいい!」なんて褒められたら、嬉しいですよね。

「忙しくても、手軽にオシャレを楽しむ!」それが時差ごはん女子のキーワード。

それでは、さっそくオススメのワンピースをご紹介します。

 

初めましての方に!【フレアワンピース】でフェミニンに!

初めての方とお会いする予定がある日は、フェミニンなフレアワンピースがオススメ。
ふんわりと広がったスカートが、柔らかい印象を作ります。また、ふんわりとしたシルエットは、体型カバーの役目も果たすので、脚のラインやヒップのボリュームが気になる方でも安心!

また、高い位置に切り替え部分があるものをチョイスすると脚長効果も期待できます。
素材は、レースやシフォンを選ぶとよりフェミニンに。

 

暑い日にはジャケットなしで!【シャツワンピース】で手軽にきちんと感を演出

暑い時期には、ジャケットを着るのが億劫になりますよね。
そんな時は、さらっと着られるシャツワンピースがオススメアイテムです!

コットン素材なら涼しげな雰囲気を演出してくれます。
また、襟がきちんとした印象を与えてくれるので、働く女性の強い味方!!

シャツワンピースのデザインは、とってもシンプル。
コーディネートが「ちょっと寂しいな」と感じた時には、ベルトでウエストをマークしてみましょう。
女性らしいエレガントさが加わり、全体のバランスも引き締まります。

カラーはネイビーやベージュ、カーキなどアースカラーを選ぶとクールな印象に。またこのようなベーシックカラーは、着回しの幅が広がります。オンスタイルだけでなく、オフスタイルでもかんたんに着回しを楽しむことができるでしょう。

 

今日は大事なプレゼン!【タイトワンピース】で「デキる女性」に見せよう!

Ethnic Asian professional businesswoman standing confident in skirt suit isolated on white background.

華やかさやクールな印象で、デキる女性感を演出したい時には、タイトワンピースがオススメ。タイトなシルエットが女っぷりを上げてくれるアイテムです。

ポイントは、厚手でハリのある素材を選ぶこと。厚手でハリのある素材は、体のラインが響くのを避け、キレイに見せてくれます。

色は与えたい印象にあわせて選びましょう。
ホワイトなどのライトカラーはさわやかに、ブラックなどのダークカラーはシャープな印象に見せてくれます。

スカート丈は、ひざ上丈を選ぶと若々しく、ひざ下丈を選ぶとよりレディライクに仕上がります。

 

今夜はクライアントとの会食【リトルブラックドレス】で夜のフォーマルシーンもカンペキ!

Young woman wearing little black dress, LBD

女性ならば「ここ!」と気合を入れるシーンで活躍するリトルブラックドレスを1枚は持っていたいもの。

シンプルなアイテムですが、ネックレスやスカーフなど合わせる小物によってエレガント、フェミニン、モダンなど様々なテイストに変幻自在!
フォーマルなシーンにまで対応できる便利なアイテムです。

合わせる小物を工夫して、リトルブラックドレスの使い方をぜひマスターしてくださいね。

時差ごはん女子の味方、ワンピース。

女性らしさの代表的なアイテムでありながら、1枚で時短コーディネートを完成させるラクチンアイテムです!
ワンピースをワードローブに取り入れて、忙しい朝でもおしゃれを楽しんでみてくださいね。

 

プロフィール原田かれん

ファッションコンサルタント、スタイリスト、コラムニスト、Karen Style代表
美術大学にてテキスタイルデザインを専攻。
大学卒業後、ファッションの世界へ。
GUCCI、CHANELなどのラグジュアリーブランドでファッション業界でのキャリアを重ねる。
ブランド退社後は、自ら海外で買い付けをしたインポートセレクトショップをオープン。
海外のエッセンスをふんだんに取り入れたスタイリングが人気となり、スタイリストとしての活動を開始。
現在は、アメリカ、イギリスブランドのコンサルタント、ファッション専門学校講師、ファッションコーディネートアプリ公式スタイリストなどファッションに関しての様々な業務を行いながら、メディアにてファッション・ビューティコラムを連載し、コラムニストとしても活躍中。

 

Karen Styleホームページ

http://www.karenstyle.jp/

 

caldeli-banner

Tags: recommend