【インタビュー】ハードワークなのにエステティシャンがいつもキレイな秘密って…!?

美容のプロとして私たちに癒しの時間を提供してくれるエステティシャン。どうしてあんなにきれいな人が多いんだろう?と疑問に思ったことありませんか? でも華やかなイメージのあるお仕事ですが、裏側は想像以上にハード!?
忙しくてなかなか一般的な時間にごはんを食べられない「時差ごはん」女子の実態について探るインタビュー、今回はエステティシャンの日野あゆみさんに取材してきました!

接客業はやはり時差ごはんになりがち!?

3

表参道からほど近く、南青山の骨董通りにあるサロン「Affinita」。ヘアやエステ、ネイルなどのサービスを提供するトータルサロンで、エステ部門を任されているという日野さん。
なんと、ご自身の個人サロンも持ちつつ、さらに現在は整体院でも働きながら整体の技術を学ばれているとか…!
とってもアクティブな日野さんのお仕事内容と、美の秘訣に迫りたいと思います!

お客様に内側からも綺麗になってもらうのが一番嬉しい

――美容にまつわるお仕事を幅広くされているとうかがいました! 早速ですが、くわしくお仕事の内容を聞かせてください。

日野さん「このサロンでは、主にフェイシャルエステをしていて、お客様一人ひとりに合わせた完全オーダメイドの内容で施術をしています。個人サロンでは、全身のエステもしています」

5

――オーダメイドとはすごい! あらかじめ決まったメニューがあるわけじゃないんですね。

日野さん「そうなんです。施術前にしっかりとカウンセリングをさせていただき、お客様に合わせたメニューを組み立てます。お客様とのカウンセリングの時間はとても大切にしていて、会話を通じて心を開いてもらい、内面からも綺麗になってもらえるのが一番嬉しいです」

――素敵ですね…! 内面といえば、整体の技術も学ばれているとうかがいました。

日野さん「はい、整体の場合は内面というより、骨からですね。エステは身体の表面からのアプローチですが、整体は内側の骨から改善していくものなので、エステと整体の両方を学んだからこそできる、オリジナルのメソッドを作っていきたいと思っているんです」

――すごい、それはぜひ受けたいです! しかし、そんなに幅広いお仕事をいったいどんなスケジュールでこなされているのでしょうか…?

スチームを当てている10分の間にお昼ごはん!?

1

――サロンでお仕事をされている日の、1日のスケジュールを教えてください!

日野さん「オープンは11時からなので、朝は遅めですね。30分位前にサロンにきてお店の掃除や準備を始めます。お客様1人あたりの施術が90分くらいのことが多いので、2人くらい終わったらお昼ごはんをとります。なので14時過ぎとか、遅いと夕方くらいになることもありますね」

――夕方までお昼ごはんが食べられない日は、お腹空いちゃいますね……。

日野さん「予約で埋まっている日は、ノンストップで施術することもありますよ! そういう時は、お昼ごはんの時間が確保できないので、お客様にスチームを当てている10分の間に、裏でこっそり急いで食べたりします()

――えええ、そんなにハードなんですか! お昼ごはんは普段どんなものを食べているんですか?

7

日野さん「今日のごはんは、表参道駅のベーグル屋さんで買ってきたベーグルと、コンビニのカフェラテです。お店では匂いの強いものが食べられないので、お昼はパンが多いのですが、添加物の少ないものを選ぶため、できるだけパン屋さんで買うようにしています。同じ理由で、コーヒーもコーヒーマシンで淹れるタイプのものを選ぶようにしていますよ」

――できるだけ身体にいいものを選ぶようにされているんですね! ちなみに、お昼ごはんはそれだけなんですか…?

日野さん「疲れてきたなと思ったら、さっと食べられるチョコでエネルギーを補給したりもしますよ」

――たしかにチョコなら手早く食べられますね。でも、お腹が鳴ってしまいそう……。

日野さん「お腹が鳴ることもあります()。それに、実はお客様も施術中にお腹が鳴ることが多いんですよ。お腹が鳴るのは、リラックスして副交感神経が優位になっている証拠でもあるんです」

――へぇ~、そうなんですね!

日野さん「と、いう話をして誤魔化したりもします()。でも実際に、お客様を施術している時間は、私にとっても癒しの時間でもありますよ」

多忙な毎日でも綺麗をキープするコツとは??

9

――聞いている限り、とってもハードな毎日を送っている日野さんですが、ご本人はそんな多忙さをまったく感じさせない美しさ…! ぜひ私たちに、その美しさの秘訣を教えてください!

日野さん「毎日続けられることを、ちゃんと続けていくことが大切だと思います。特に、日々のクレンジングと洗顔はとっても重要です! それから、やっぱり大事なのはストレスを貯めないこと。私は大好きなカラオケに行ったりして、思い切りストレスを解消しています()!」

CalDELI(かるデリ)を食べていただきました!

10

最後に、日野さんにCalDELI(かるデリ)を召し上がって頂きました。

日野さん「わー! 私カレー大好きなんです!」

――こんにゃく生まれのマンナンヒカリに雑穀を加えた、マンナン雑穀ごはんを使用しているので、200kcal以下なんですよ!

日野さん「えっ、全然お米みたい! カロリーが低いのは嬉しいですね! 普段、1日のカロリーは意識していて、例えばお昼をがっつり食べた日だったら、夜はお豆腐と納豆だけにするとか、1日の中で調整するようにしているんです。だから、そういうカロリーを抑えたい時の食事にもいいですね」

――帰りが遅くなってしまうことも多いという日野さん。ぜひ夜ごはんのストックにしてください!

美をつくるエステティシャンのお仕事の裏側は、想像以上にとってもハードなものでした…! 忙しさは時として表情やお肌に出てしまったりするものですが、それを感じさせないプロ意識に脱帽です! 食事の選び方や1日のカロリーに気を配ることを忘れない日野さんの日々の心掛け、ぜひ見習いたいです。

取材協力: Affinita(アフィニータ)

1

東京都港区南青山5-9-10 サンク青山3F
http://affinita.jp/
営業時間 11:00~21:00
(カット受付 ~20:00/カラー・パーマ受付 ~19:00/縮毛矯正受付 ~18:00

 

 

 

caldeli-banner

Tags: recommend