【ランチ@御茶ノ水・九段下】肉食系女子必見!ガツンと大ボリューム、お腹に溜まる豚丼屋さん「豚野郎」

学生街としてにぎわいを見せる「御茶ノ水&九段下」。実はこの街、ランチになるとどこからともなく財布を片手にしたOLさんが集まるオフィス街でもあったんです。そこで今回は女子大学生からOLさんまで、「女子なら絶対好きでしょ♡」な食べ物専門のお店を探して、潜入取材。時差ごはんでも、ガッツリなものからヘルシーなもの、おしゃれなものまでがひと通りそろう優秀エリアだということが判明しました。

第1 弾は・・・きれいな人ほど食べている!?といっても過言ではない「お肉」のお店にお邪魔してきました!

ワイガヤ系の雑居ビルをあがるとそこには…

buta1
JR御茶ノ水駅の聖橋口から線路沿いを歩いて約2分で到着。ラーメン屋、ハンバーグ屋、とジャンクなもの好きは入り浸り要注意!なビルの3階に例のお店があります。お昼時、店内をのぞけばどのお店もお一人様でにぎわっていて、仮にOLさん一人で行ったとしても問題なし。

階段をあがる度に目に付く『豚野郎 680円』の文字。そして、だんだんとタレのこげたいいにおいがしてきたゾ~!ワクワク、ワクワク!

気負いゼロ!カウンター席オンリーのお一人様空間

img_1600

L字のカウンター10席の前には、店員さん2名。お客さんは9割男性、1割女性でした。といえカウンターなので、気まずさよりも豚丼とのご対面へのワクワク感がまさります。
まずは、販売機で食券を購入します。
名物の豚丼は、

・大豚丼900円
・中豚丼700円
・小豚丼500円

という価格設定。このほかにもつけもの、みそ汁、温玉が各100円。豚茶漬けセットがおいしいとの事前情報でしたが、この日はあいにくの売り切れ(泣)。次回に持ち越したいと思います…!!

目の前で豚肉を炭焼き調理!おいしいニオイと煙りに空腹が刺激されるぅ・・・!

img_1545
店内だけじゃなく店外にまで、香ばしいにおいが漂っていた原因はこれなんですね!炭火焼き調理!厚みがある豚肉を注文が入ってから1枚1枚焼いてくれます。

醤油ベースのお肉にごはんが進む!進む!

img_1563
オーダーしたのは中豚丼(700円)+つけもの(100円)+みそ汁(100円)の計900円。なんと1000円でおつりが返って来るというお手ごろ価格。
そして見てください!このご飯ぎっしり、お肉びっちり具合。なんならお肉はみだしちゃってるしー!

img_1566
一見タレが濃いかな?と思いきや、炭火焼きなので風味が勝利!思わずかき込んでしまいました。(←これもカウンターだからこそできること!笑)
さっぱりとしたつけものとも相性バツグンなので、一緒に頼むことをオススメいたします。
そして周りを見渡すと・・・ツウっぽい人ほど、温玉をかけてるじゃないですか!お茶漬け同様これも次回にリベンジです。

 

時差ごはん女子のひとりごと

肉もご飯もたっぷりの中豚丼。全部食べられるのか、不安からの幕開けでしたが、食べてびっくりペロリと完食でした!ってか、とにかく豚が分厚い!食べ応えあってしっかりお腹に溜まります。多少炭火のにおいがつくので、営業職女子はお客さんの訪問後に行くよう、注意が必要です!笑

Shop info 豚野郎

butayatou-kanban住所:東京都千代田区神田駿河台2-6-15 3階
TEL:03-3219-9322
営業時間:11:00~23:00(L.O.22:30)
定休日:日曜日

Tags: recommend