【ランチ@御茶ノ水・九段下】女子が吸い込まれるように入っていくカフェ…。一歩入ればそこは、アボカド天国!

学生街としてにぎわいを見せる「御茶ノ水&九段下」。実はこの街、ランチになるとどこからともなく財布を片手にしたOLさんが集まるオフィス街でもあったんです。そこで今回は女子大学生からOLさんまで、「女子なら絶対好きでしょ♡」な食べ物専門のお店を探して、潜入取材。時差ごはんでも、ガッツリなものからヘルシーなもの、おしゃれなものまでがひと通りそろう優秀エリアだということが判明しました。

第2弾は・・・クリーミーな味わいに虜になる女子増殖中、女子の鉄板食材である「アボカド」のお店。なんとも珍しい「アボカド専門店」なんです!!

おいしそうなお店が軒並み並ぶ、細道の奥にお店アリ!

img_1529
御茶ノ水、というよりは神保町寄り!靖国通りから小道に入ります。夜営業メインのお店が多いのか、ランチどきは意外とガランとした通り。そこを数十メートル歩くと右側に白と緑の〝Theアボカド配色〟な看板が!そのビルのエレベーターをあがり、3階が今回ご紹介する「avocafe-アボカフェ-」になります。

遊び心&アボカド愛にあふれる店内に思わず・・・キュン♥

img_1458
img_1476

都心の雑踏を忘れてしまうような、静かな空間にウッド調のインテリア。心がほっこりいたします。ふと顔をあげると、そこにはかわいいかわいいアボカドの人形がぶら下がってる~!笑 これぞアボカド愛!席は全部で23席ほど。テーブル席やソファー席のほかカウンター4席もあるので、お一人様でプラリとやってきても問題なし!♥
ちなみにお客さんの9割は女性というから、入りやすさは満点です!12時台のランチタイムが一番混雑するので、14:00頃来るのがオススメだそうです。まさに時差ごはんにぴったりですね。

メニューはここぞとばかりにアボカド尽くし!

img_1452
こちらはランチメニュー。メニューは3種類
・やみつきアボカドスパム丼¥950
・アボカフェタイカレー¥850
・日替わりランチ¥1000

さ~て、どれにしようかな…

人気&定番メニューの2品をオーダー

img_1497
定番のやみつきアボカドスパム丼(¥950)と、単品でアボカドスムージー(¥750)を注文。

img_1511
img_1521
ホカホカのご飯の上に、塩漬けのスパムにアボカド、そしてとろとろの温泉卵をオン。アボカフェオリジナルの照り焼きソースとマヨネーズをかけたこちらのどんぶり。運ばれてきた瞬間、おいしそうなタレの香りが、ぷ~ん♡ 甘めのタレに、しょっぱめのスパム、それをアボカド&卵のクリーミーさでつないだ絶品のメニューです。

img_1527
アボカド1/2個と旬のフルーツを使ったデザート感覚のスムージードリンク。旬のフルーツは、りんごやマンゴー、バナナ、グレープフルーツ、ドラゴンフルーツなど、本当にさまざま。今回はバナナでクリーミーさが倍増でしっかり濃厚な味わいでした。これは全フルーツ制覇したい!

最後、レジ横にまで…アボカド愛♡

img_1471
さて、お会計を!とレジに向かうと…その横にはアボカドを使った手作りスコーンとちんすこうが。デスクにおいておく間食アイテムとしてもいいかも◎

時差ごはん女子のひとりごと

食べ頃のアボカドの見分け方を聞いてきたところ・・・ゴツゴツとした皮、黒っぽい色、触ったときにしっかりと手に吸い付くような感触があり、ほどよい弾力と柔らかさがあるものを選ぶといいらしいです。今日一日でアボカドの知識がめちゃめちゃついたな!と、なんだか女子力がワンランクアップしたかのような自信がつきました(笑)みなさんも是非行ってみてください!

Shop info avocafe

住所:東京都千代田区神田神保町1-2-9 ウエルスビル 3Fimg_1529
TEL:03-5281-6177
営業時間:[月~金]11:30~15:00(L.O.14:45)、18:00~22:30(LO:22:00)
[土・日・祝日]12:00~15:00(L.O.14:45)、15:00~22:00(LO:21:30)
定休日:不定休

Tags: recommend