コンビニ食材をのせるだけ!簡単おいしい深夜飯「オイルサーディン丼」

ひとり暮らしだと、魚料理ってハードル高くないですか?

 使ったあとに魚焼きグリルを洗うのもちょっとしんどいし、そもそもひとり外食やコンビニごはんだとなかなかバリエーションもないしと言い訳して、つい避けてしまいがちです。栄養たっぷりだし、とった方がいいのはわかっているんですが

 栄養士・フードクリエイターの木内由紀さんによると、魚を手軽にとるための強い味方は「缶詰」だそうです!

缶詰なら大抵のコンビニで売っているし、サバやさんまなど、青い背のお魚のバリエーションが豊富です。木内さんによると、青い背の魚はできれば11食は食べた方がいい食材なんだとか。

 そんな青い背の魚から、オイルサーディンを使った超簡単レシピを教えてもらいました。コンビニで買える食材をのっけるだけで完成するので、深夜帰宅の日でも安心です。

 「魚料理は面倒だから」という言い訳はやめて、筆者も今日から魚生活、始めます!

 oilsardinedon

【材料】(1人分)

炊いたご飯 :1

オイルサーディン缶詰(オイルも好みで1

わかめサラダ :1パック

半熟煮たまご(温泉卵や燻製卵等)1

 

【作り方】

1.温かいご飯の上に、コンビニわかめサラダ、オイルサーディン、半熟煮たまご(または、温泉卵や燻製卵)の順にのせ、おしょうゆをたらりまわしかけます。

オイルサーディンの代わりにサバ缶でもGood

おしょうゆの代わりにサラダについてるドレッシングをかけても。

「時差ごはん」は、大塚食品CalDELIが提供しています。

CalDELIのご購入はこちらから!

Tags: recommend